桃太郎公園 >> 桃太郎神社
桃太郎まつり
開設日 2004.03/01 更新日 2012/07/28  
桃太郎祭り  桃太郎伝説  宝物館  授与品一覧
 桃太郎神社の桃鳥居をくぐれば、悪は去る(猿)、病いは去ぬ(犬)、災いは来じ(雉)と言う「桃」が持っている神秘の言い伝えが--。
 中国では、古くから桃が「仙果」として、神仙のための貴い果実して位置づけられてたようです。三千年に一度しか実をつけけない桃を、西王母(崑崙山に住むとされる女仙)が、漢の武帝に食べさせたという話もあります。
 その影響か、日本でも魔よけの力がある果実として解釈され、『古事記』では黄泉の国から逃げ帰るイザナギノミコトが黄泉軍に桃を3個投げて撃退したという場面が登場します。
 つまり邪悪なものを桃の力で追い払うわけです。さらに桃には、その姿形の艶めかしさから、古くから出産、豊穣のイメージもありました。 桃を食べたお爺さんとお婆さんが若返って桃太郎を生んだという一説は、このことに由来するようです。
桃太郎発展会

Copyright(C) 2004-2010 YHA   All Rights Reserved